<< 少年時代〜エール風〜 | main |

進化するギタリスト、純平君

     本年5月善光寺ライブでのソロ弾き語り

 純平君は、左での指で弦を押さえる必要のないかんたんギター奏のオープン奏法でギターを始めました。ほかのメンバーと同じようにギターを手にしたのですが、彼のオリジナリティは、即興の弾き語りを始めたことでした。
 僕がセッションの初めに、「今日はどうでしたかあ〜♪」みたいにギターを弾きながらでたらめに歌うのに、応じてのことだったと思うのですが、その歌の内容は、1か月の間、自分が経験した楽しかったこと、おいしかったこと、などなどやむところを知らず繰り出されたのでした。
 やがてほかのメンバーに同じように語りかけると、純平君い続くように、一人一人の自分の語りを始めたのでした。

 開放弦だけは、つまらないので、かんたんギター奏でも、1〜3箇所位指で押さえて、コード奏のようなことをやり、いくつかのソロ曲もこなしました。そうすると、僕やお母さんの予想を超えて、次々に進んで、僕が書いたかんたんギター奏の本にある曲をほぼ修了しました。
 月1回のレッスンでこんなに進んだ人はほかになく、出勤前に練習することを日課として努力を積み重ねる純平君の素晴らしさを物語ってます。

 そこでかんたんギター奏で使うチューニングからごく普通のコード奏に入っていきました。かんたんギターで弦を押さえることに慣れてましたから、GとかAmとかCとかのコードを次々すんなりと覚えて、挫折知らずでこなしていきました。さすがにFにはてこずってますけど。

 初めはごく簡単そうな曲を選んでいたんですが、もう大丈夫と思って、「エール」のレパートリー曲である、「インザムード」や「涙そうそう」などにも取り組んでもらいましたが、難なくやっていくのです。上の写真は5月のライブで「乾杯」を一人、弾き語りしているシーンです。

 先日、お父さんの所蔵ギターであったヤマハのエレアコを持参して、アンプにつないで使いました。もう本当に素晴らしい!

 僕が思うに、彼の進化は、一つは毎日の練習、もう一つは「エール」のバンド活動、この両方がうまい具合に彼のギター演奏に結実してきたんでしょう。

 練習は本や楽譜を見てするわけです。楽譜が読める、そして指をどう使えばいいか目指すところを意識して、繰り返し行う。これを一人で行える力が彼にはある。ただ、日課としてギターに触るのとは意味が違うんです。

 実際にコードを弾いていると分かりますけど、いっぱい失敗します。技術的に難しいことをすれば当然起こることです。その時、あっと音を止めてしまうのが普通ですよね。でも彼は失敗しても演奏を止めないんです。これは、エールのみんなとやりまくってきた音楽のエッセンスが身に備わったからだと思うんです。 
 うたう、ということをエールのみんながしている。だからこそ、技術的なミスは気にせず押していける。
 細かいことを言えば雑な面もあります。それを補って余りある歌心、それが彼の進化系ギタリストの根本のような気がします。
 
 まだまだどんな風に進化するか、楽しみですねえ。

at 08:29, エール, エールメンバー

comments(0), -, - -

comment